セキュリティに強い法人向けパソコンのポイント

シンクライアントとして導入する

企業の資産としてはお金や商品などがあるかもしれませんが、さらに情報も重要な資産になります。技術情報や顧客情報などが外部に流出すると大きな問題になります。しかしパソコンやUSBメモリなどによる情報の持ち出しができると、そこから情報流出につながるときがあります。法人向けパソコンとしてセキュリティを高めた仕組みにシンクライアントがあります。見た目は通常のパソコンと同じですが、このパソコンにはデータの保存ができないようになっています。ネットワークに接続するための最低限の保存領域しかなく、アプリやデータはサーバにアクセスして使います。このパソコン自体にデータは保存できないので、パソコンを持ち出して紛失してもデータの流出は起きません。

ハードディスクにロックがかけられる

パソコンを起動するとき、利用者パスワードなどを入力して使う人は多いでしょう。パスワードが入力できないとログインができず、パソコンも使えません。これによりセキュリティ性が高められている気がしますが、実際は比較的簡単に内部情報を取り出せます。ハードディスクを取り出して別の機械からアクセスすると、中身の情報が見られます。法人向けパソコンを利用するときはセキュリティ性の高いものを導入したいでしょう。そこでハードディスクにロックがかけられるタイプを用意しましょう。パソコンを紛失したりしても、ハードディスクにロックがかかっているので他のパソコンなどからアクセスしようとしても中身が見られません。ロックさえしておけば情報流出は避けられるでしょう。