安く購入したいときの法人向けパソコンのスペック

オフィスソフトがプリインストールされていない機種は安い

法人向けパソコンをできるだけ安く購入したいという場合、どうすればいいのでしょうか。価格表を見て一番安いものを選ぶというのが簡単な方法ですが、それだと最低限のスペックで購入後にいろいろな不満点が出てしまい、パーツを買いそろえて結局高くついてしまったということがあり得ます。したがって、スペックと価格のバランスをチェックして、もっともお買い得な機種を選ぶようにしましょう。
まず、ポイントになってくるのがオフィスソフトがプリインストールされているかという部分です。有名なオフィスソフトは単体で購入すれば数万円するものも珍しくありません。そういったものが始めからインストールされているパソコンにはライセンス料が含まれるので、当然、プリインストールされていないパソコンと比べると高くなるのです。
そのため、もし、オフィスソフトは別に用意するつもりであれば、プリインストールされていない機種を選ぶといいでしょう。

在庫処理扱いの型落ちモデルは格安で売られる

デスクトップ型かノート型かというのも選択のポイントです。価格がまったく同じ場合、基本的にはデスクトップ型の方がスペックが高いと考えていいでしょう。ノートパソコンには外に持ち出して使うことができたり、モニターと一体型なので場所を取らないなどデスクトップにはない付加価値がいろいろあります。しかし、もしそういった付加価値は必要なく、安くて性能のいいパソコンを導入したいというのであればデスクトップ型パソコンを選んだ方がいいです。
最新モデルと型落ちモデルが一緒に売られていた場合は、型落ちモデルを選ぶといいでしょう。在庫処理のため、非常に安く売られるのが一般的だからです。型落ちといっても一年前のモデルであれば最新モデルと比べてスペックにそれほどの違いはありません。